子供・幼児 音楽教室・ピアノ教室・ピアノレッスン

子供・幼児からはじめるピアノ・レッスン

①子供にピアノを習わせたい
②子供がピアノに興味をもった
③子供のピアノをもっと上達させたい

お子様がピアノをはじめると、たくさんのメリットがあります。

そんなお子様のピアノ学習のお手伝いができます。

ピアノが弾けるまで

音符などの音の記号や、ピアノの鍵盤に慣れて、音符に対応する鍵盤を押さえることで、ピアノが弾けるようになります。
弾けるようになったら、いろいろな工夫をしながら、少しずつ高度なことができるようにしていきます。その継続で、難しい曲も弾けるようになってきます。

ピアノが早く、大きく上達するためには

ピアノを早く上達させるポイントは、お子様が興味を持ってその時のピアノ曲に取り組めるかどうかです。ですから、つまらない曲はできるだけ避けるようにしております。教材選びにこだわって、何回でも弾きたくなるような曲を弾いていただきます。

また、お子様のピアノを大きく上達させるには、指導方法の工夫が必要です。優しく、的確に、丁寧に指導することと、曲をさまざまな視点(音符・テンポ・強弱・和音など)から分析し、それぞれの視点で課題を作りクリアしていただくことで、表情豊かに、納得のいく演奏ができます。

子供目線のレッスン

ピアノを習いはじめるとき、いろいろなお子様がいます。ある程度鍵盤が弾ける子供、まったく鍵盤がはじめての子供。ある程度弾ける子供には、新しい教材を押し付けるのではなく、弾いている曲に沿ってオリジナル楽譜を作成し、少しずつレベルを上げ、導入教材につないでいきます。まったく鍵盤がはじめての子供には、ドレミの音の名前、音符の位置、音符の位置と鍵盤の対応を一つ一つ覚えていき、導入教材につなげます。

子供は楽しいことが大好きです。オリジナル教材の制作・教材選びも、かんたんで楽しめるかどうかで判断しています。

日々の練習がしやすい課題

ピアノの上達は、日々の練習に左右されます。レッスンでは、ご自宅で取り組みやすい、一週間でできる適切な課題を用意します。その課題を練習してもらい、次のレッスンにつなげていきます。

音楽の能力をバランスよく伸ばす

ピアノの上達に必要であれば、ソルフェージュなどの内容をレッスンに取り入れています。音楽の基本的な能力の向上によって、ピアノの演奏も上手くなります。もちろん、ソルフェージュの能力も身につきます。

レッスンは、導入期ではピアノで指の体操→かんたんなメロディー→聴音の順番で進み、慣れてきたら、ピアノの教本→ソルフェージュ(聴音→視唱)の順番で進みます。

幼児・子供の聴音は、ドからはじめて、12個ある音名を少しずつ覚えていくようになっております。毎回の、ピアノレッスンの後に、独自の方法で音を記憶していきます。ご自宅での練習が必要なことや、時間はかかりますが、確実に音を身につけていっていただきます。

グランドピアノを導入しています

教室には、グランドピアノを備えており、アップライトピアノや電子ピアノでは培うことのできない音量、タッチ、音色などを、研究することができます。

講師のプロフィール

東京芸術大学を卒業し、制作作品は、ラジオなどの放送で紹介、音楽出版社から出版され、CDにもなり、様々な団体によって演奏されています。在学中から指揮者・作曲家のアシスタントとして伴奏・編曲、音楽出版社にて楽譜の製作、高等学校の講師(教員免許保有)を経験しております。(男性講師です。)

お申し込み・お問い合わせ

下のボタンをクリック・タップ

お申し込み・お問い合わせ

電子メールでのお問い合わせ
mail@matsue-music.com

お電話でのお問い合わせ
03-5607-4833

基礎を大切にしながら、音楽を楽しむ

お子様がピアノを習うにあたって大切なことは、音楽を楽しむことです。当教室では、この点を工夫して指導させていただいております。しかし、基本をおろそかにしたりはしません。子供向けの豊富な教材を使って、基礎をしっかり身につけながら、楽しくレッスンしていきます。

教室には様々な地域の方が通っております

教室は、東京江戸川区松江にありますが、生徒さんは、江戸川区松江・船堀のみならず、東小松川、一之江、瑞江、西葛西、練馬区、世田谷区、大田区、千葉県市川市、松戸市、習志野市などから通われています。通信講座では、群馬県、福岡県、大阪府、愛知県、兵庫県、埼玉県などの受講者さんがおられます。

通われている生徒さんたちの年齢・職業など

幼児・子供から大人・高齢者まで、また初心者から経験者・上級者まで、幅広い方が通われております。また、現在、園児、小学生、中学生、大学生、主婦、会社員、教師、デザイナー、プログラマーなど、様々な職業の方が、おられます。もちろん、音楽大学(音大)の在学生や卒業生もおります。

通っておられる幼児・子供の生徒さんたち

4歳になった、女の子のピアノ・レッスンがはじまりました。まだ小さく手指の形が安定しないので、無理は禁物なのですが、ピアノの鍵盤を打鍵に慣れることからはじめます。12345、5本の指で鍵盤を、いろんな強さで、さまざまな表情で押し下げ、次は、12,13,14,15の2本の指の運動をします。うまく指にかかる重みを他の指に移せるかな。このような練習の後、楽譜を読んでいきます。ドレミファソラシドはもう知っているので、どこがドであるかわかっていれば、線、間、線、間、・・・、とたどっていけば音名を読むことができます。そのうちに、たどらなくても、すぐに読めるようになってきます。がんばっていきましょう!最後に、音を聴きとる訓練をします。今回は、ドミソの3つの音です。うまく聴き取れたかな。少しずつ音名を増やしていきます。

小学2年生の男の子は、バイエルという初心者のテキストの上巻に取り組んでいます。片手の練習から始まり、少しずつ段階が進み、両手の練習に入り、音符の並びも複雑になっていきます。自信のないところは、ドレミを書き込みます。そして、手拍子を打ちながら、ドレミを読み上げます。ちょっとしたソルフェージュをすることで、スラスラと弾けるようになってきます。今では、ドレミを書かなくとも、指を動かせるようになりました。それから、音を聴く聴音と、伴奏に合わせて歌う視唱、ソルフェージュに進みます。毎回楽しくレッスンしております!

5歳の保育園に通っている男の子は、メトード・ローズというテキストに取り組んでいるのですが、最近、やっと左右の指が別々の動きをするようになりました。それまで、じっくり片手の練習、両手が同じ動きをする練習をしたこともあって、さほど苦はないようです。一気にピアノの世界が広がります。音の記憶も進み、ドミソはそろそろ卒業して、シレに進もうかな、という段階に来ました。お歌もはじめて、譜読みの能力を伸ばそうとしているところです。それに、30分、集中してピアノの前に座れるようになったことも大きな成長です。この集中力は多方面で役立つ能力ですから、これからが楽しみです!

料金

月2回・1回1時間 あるいは 月3~4回・1回30分

初心者は、8,000円からスタートします。

経験のある方の料金は初回のレッスンで決めさせていただきます。
(8,000円~)

回数・時間は調整できますので、講師にお伝えください。

-初回のレッスンについて-

初回のレッスンは、体験していただく形となっておりますので、お代金は必要ありません。

入会金・管理費・維持費・施設費はいただきません

レッスンをはじめるときの入会金は、いただいておりません。お気軽にレッスンをはじめましょう。

また、レッスンのお代金以外に、費用はかかりません。ご安心ください。

レッスン日時

現在は、平日・土日 13:00~21:00の時間にレッスンを行っております。土日も開いておりますので、社会人の方、平日に通えない方も、通うことができます。

教室は都営新宿線 船堀駅の近く

教室は、都営新宿線 船堀駅から徒歩約10分、船堀駅北口から2回曲がったところにあります。松江第一中学校のすぐそばです。

お申し込み・お問い合わせ

下のボタンをクリック・タップ

お申し込み・お問い合わせ

電子メールでのお問い合わせ
mail@matsue-music.com

お電話でのお問い合わせ
03-5607-4833

Copyright 2019 松江音楽教室 All Rights Reserved.