和声を独学で勉強する

和声を独学で勉強するための教本は、どれが良いか

和声の教科書は、数多く出版されております。

それらは、和声の教養を深めるため、和声の基本知識を得るため、
和声の技術を習得するためなど、さまざまな目的で制作されています。

それらの中で、おすすめするのは、

和声ー理論と実習ー

という教科書です。

これは、和声の基本から応用まで、そして、
さらに高度な和声への橋渡しができる教本です。

和声の課題を独学で実施してみましょう

次に、「和声-理論と実習-」の課題を、
課題1~9まで実施してみましょう。
(課題7・8を除く)

課題1~6までは、例題をお読みになり、
課題を実施します。

課題1・・・密集・開離配分の和音を列挙します

和声-理論と実習-の第1巻の課題1で、
答え方に迷われる方が、おられます。
p.22の上にあるように並べることができれば、
きちんと実施できたことになります。

まずは、上部構成音列を書き、その右に、
密集配分で、低い方から高い方にかけて、
和音を並べていきましょう。

それから、音域外の音を含んでいる和音、
そして、バスとテノールの音域が
1オクターブと完全5度を超えて
離れている和音を排除しましょう。

ここまでが密集配分の実施となります。

次は、開離配分も同様に実施して、完成です。

きちんと実施を行ってから、例題1を読むと、
課題の意図などがお分かりになると思います。

課題1は、和声の基本となりますから、
すべて、すぐに実施できるようにしておきましょう。

課題2・・・残り2声部の和音を作る

バスと、ソプラノ・アルト・テノールのうちの1つの声部が指定され、
残り声部を音符で記す実施です。

どの声部を指定されていても、どんな配分を指示されていても、
正しく和音を作ってください。

課題3・・・和音の連結・保留する場合

課題2までは、1つの和音について、いろいろな作り方を
学びましたが、
課題3からは、2つの和音の連結法を学んでいきます。

1つの和音の作り方をきちんと身につけておかないと、
すぐにつまづくので、よく復習なさってください。

さて、連結する2つの和音の構成音を、思い浮かべるか、五線紙に記載してください。
それぞれの和音の構成音のうち、
同じ高さの音があるならば、それが共通音です。

左右の和音のうち、右の和音は、
共通音を使い、残された2声部を埋めます。

課題4・・・和音の連結・保留しない場合

2つの和音に、共通音がない場合の連結方法を学びます。
バスの動き(上向き・下向き)に反行して、
ソプラノの動きが決まり、
一番、構成音に近い音に着地させる方法を
マスターしてください。

課題5・・・Ⅱ→Ⅴの連結

これまでは、共通音のある・なしによって、
連結方法が決まっていました。

ここからは、例外となる、2つの連結方法を
学びます。

まずは、ⅡとⅤには、共通音「レ」がありますが、
それを保留せずに、下行させる方法です。

課題6・・・Ⅴ→Ⅵの連結

次に、例外となる連結方法は、
ⅤとⅥです。

第3音は、導音となるので、2度上行し、
他の声部は、もっとも近い音に下行させます。

最初のうちは、このルールは忘れやすいので、
確実に覚えるまで、反復してください。

この連結方法を無視すると、連続5度・8度が生じるので、
気をつけましょう。

ここまでが、和声の基本となる、小課題です。
別冊の解答集に、解答が載っていないので、
ご自分でできているのか、
判断しなくてはなりません。

とにかく、ルール通り、和音が連結できているかが、
重要なので、何度も振り返ってください。

課題9・・・基本形の和音の連結

課題9からの和声課題

課題9から、小課題ではなく、Ⅰの和音で始まって終わる、
標準の和声課題となります。

課題1~6をきちんと身につけることが大事

課題9を実施する上で、大切なことは、
課題1~6をきちんと身につけることです。

十分に身についていないと、
連続5・8度、増音程、
並達5・8度などの禁則が生じてしまいます。

1つの課題に対して、複数の実施ができます

開始和音のソプラノを、根音・第3音・第5音からはじめたり、
配分を、密集・開離にしたりして、
いろいろな実施をしましょう。

また、Ⅵの後のソプラノや配分も、
ご自分で決めてください。

そうすると、1つの課題に対して、
複数の実施ができるはずです。

こういう過程を経て、和音が正しく連結されており、
ソプラノの動きが単調でない、自然な動きをしている実施を
選びましょう。

参考として、p.107(3)をお読みください。

終結和音は、主音で終わる

さらに、終結和音は、主音で終わることを、
常に念頭に置いてください。

p.108(4)を、よくお読みください。

別冊の解答集を参考にする

課題9からは、別冊の解答集に実施例が記載されています。
作者が、ベストな実施を載せているので、
大いに参考にしてください。

しかしながら、1つの和声課題に対して、
いろいろな実施ができますから、
解答集と異なる実施になったからといって、
いけないわけではありません。

添削を受ける

このように、課題1~6など、小課題の添削であったり、
解答集と異なるが、あっているのか、などを
和声を習得された方に、添削をお願いしましょう。

Copyright 2021 松江音楽教室 All Rights Reserved.